思い切ってウォーターサーバーを満喫してみるサイト

もちろんお米も

日本人の主食と言ったら米!何故か気づいたらそうなっていたわけですが、一体どうして食卓に欠かせない存在になったのか??食事のときに魚が出たとして、もしも白米がとなりに無かったら「なんで?」とツッコミを入れてしまうに違いないでしょう!
それほどの存在感というかほぼ毎日登場するお米だけにその味というのは多くの人が敏感なはず。まあ炊きたてだと熱さで味がわかりにくくなるのですが、少し冷めた状態だと旨みや雑味がちょっとはっきりしてきます。江戸時代から続くお米屋さんに努める営業さんに聞いた話だと「高級なところはお米の味がはっきりするようにあえて冷やして出す」とのこと。
その味の決め手にはやはり炊く際の水が欠かせません。となればウォーターサーバーの出番でしょう。無駄な味気がある水道水よりもおいしく炊くことができますが、1つ注意したいのが硬水(ミネラル分(カルシウムとマグネシウム)の含有量が多い)だとパサパサになってしまうということ。基本的にウォーターサーバーの水は軟水のものが多いので問題無いと思うのですが、一応最初にチェックしておいた方が良いと思います。
無洗米では無い場合はお米をとぐところから始めますが、そのときも意外と水を吸っています。なので徹底的にこだわりたい!という人はそのとぐ段階からウォーターサーバーの水を使ったほうがおいしく炊き上げることができます。ただ付け込みの際と比べればたくさん水分を吸いこむわけではない(10%ほど)ですし、ウォーターサーバーの水もお金がかかっているので本当にこだわりたい人だけガンガン行きましょう!

その他のコンテンツ